相続手続

相続アドバイザーとしてのお手伝い

相続アドバイザーとはNPO法人相続アドバイザー協議会主催の相続専門カリキュラムの受講を経て、正式に認定を受けた相続コンサルタントです。
不動産に限らず各種相続財産の名義変更手続や遺産分割・税金に至るまで専門家ネットワークを駆使してサポートさせていただきます。
(紛争解決や相続税の申告は司法書士の業務範囲外ですので弁護士、税理士のご紹介をいたします。)

 

相続登記

相続した不動産についてはその名義を相続人へと変更する登記が必要となります。 登記完了までの流れは次のとおりです。

souzoku_flow.gif

法定相続人と法定相続分

相続人に誰がなるかは民法で以下の通り定められています。
  ・配偶者:常に相続人になります。
  ・配偶者以外:以下の優先順位に従い、上位の者が相続人になります。
   (順位が上の相続人がいた場合、順位が下の者は相続人にはなれません。
      第1順位:被相続人の直系卑属
      第2順位:被相続人の直系尊属
      第3順位:被相続人の兄弟姉妹
このように法律で定められた相続人のことを法定相続人といいます。 またそれぞれの場合の相続分の割合も民法で定められており、これを法定相続分といいます。具体的な法定相続分は以下の通りとなります。
ただし、これらの割合は遺産分割協議もしくは遺言書を作成することにより変更することができます。

法定相続分
配偶者 2分の1
直系卑属 2分の1
法定相続分
配偶者 3分の2
直系尊属 3分の1
法定相続分
配偶者 4分の3
兄弟姉妹 4分の1
順位が下がるにつれ、配偶者の相続分が増えることになります。
以下でそれぞれのケースを具体的にみていきましょう。

用語の説明
〇配偶者:婚姻の相手方     〇直系卑属(ちょっけいひぞく):子、孫などのこと
〇直系尊属(ちょっけいそんぞく):父母や祖父母などのこと 
〇被相続人(ひそうぞくにん):亡くなった方のこと

配偶者と直系卑属が相続人となる場合

被相続人の配偶者とその子、孫が相続人となるケースです。 souzokubun1.gif

法定相続人 法定相続分 備考
配偶者 2分の1 配偶者は必ず相続人となります。
長男 4分の1 第1順位の相続人です。
孫A 8分の1 死亡している長女に代わり相続人となります。
孫B 8分の1 死亡している長女に代わり相続人となります。
長男の嫁 × 被相続人の養子となっていれば相続人となります。
孫C × 直系卑属ですが長男が健在なので相続人とはなりません。
長女の夫 × 被相続人の養子となっていれば相続人となります。

配偶者と直系尊属が相続人となる場合

被相続人に子供がいない場合、第2順位である父母が相続人となります。souzokubun2.gif
法定相続人 法定相続分 備考
配偶者 3分の2 配偶者は必ず相続人となります。
6分の1 第2順位の相続人です。
6分の1 第2順位の相続人です。
× 第3順位の相続人ですが第2順位の相続人がいるため相続人にはなりません。
妹の妻 × 被相続人の養子となっていれば相続人となります。
妹の息子 ×
妹の娘 ×

配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合

被相続人に子供がおらず、かつ第2順位である父母、祖父母もすでに死亡している場合、第3順位である兄弟姉妹が相続人となります。 souzokubun3.gif
法定相続人 法定相続分 備考
配偶者 4分の3 配偶者は必ず相続人となります。
8分の1 第3順位の相続人です。
姪A 16分の1 甥と共に死亡している妹に代わり相続人となります。
16分の1 姪Aと共に死亡している妹に代わり相続人となります。
× 既に死亡しているため、姪Aと甥が代わりに相続人となります。
姪B × 弟が健在であるため相続人とはなりません。
父、母 × 第2順位の相続人ですが既に死亡しているため相続人とはなりません。