個人再生とは

 「個人再生」とは、 裁判所によって認可された計画案に基づいて、減額後の借金を原則として3年間で分割返済し、完済すれば残りの借金を免除するという手続きです。

個人再生において、住宅ローンの支払いをしている人は「住宅ローン特則」を利用することにより、住宅ローンはそのまま支払いを続けることができます。これにより住宅を維持しながら住宅ローン以外の借金を減額することができることが大きな特徴です。
個人民事再生手続きには、債権者の同意を要する「小規模個人再生」と債権者の同意を要しない「給与所得者等再生」の二つの種類があります。

個人再生のメリット

自己破産と異なり自宅等の財産を残すことができます。
保険を解約しなくて良い・ローンのない自動車やバイク等は手放さなくて良い。

大幅な減額ができる
減額になった借金は原則「3年分割・無利息」で返済します。
減額後の返済額が100万円だと毎月の返済額は28,000円程度
自己破産と異なり職業や資格の制限がありません。
自己破産と異なり借入の理由を厳しく問われません。

個人再生のデメリット

 ●安定した収入が条件
減額後の債務を十分に返済する資力があるかを裁判所が審査します。

 ●信用情報機関に登録されます
信用情報機関に一定期間(5~7年間)登録されるのでその間の借入が制限される。

 ●官報に掲載されます。
ただし、一般の人の目にはあまり触れない媒体なので、大きな影響はないと思われます。

 ●保証人がいる場合には保証人に請求が行ってしまいます。
場合によっては保証人も債務整理の手続きを取ることが必要となります。