任意整理とは

 

任意整理とは、簡易裁判所の代理権の認定を受けた司法書士、あるいは弁護士が代理人となり、利息制限法上の適正な利息で残額を再計算したうえで、裁判所を通さずに金融機関と直接交渉し、月々の返済額、返済回数の今後の利息を調整し(原則利息ゼロ)、返済の負担を減らす手続きです。

また、任意整理は個人再生や自己破産と異なり、すべての債権者を対象とする必要がないため、例えばクレジットカードとサラ金から借り入れがあり、サラ金だけを任意整理するということが可能になります。また、国家機関である裁判所を利用しない手続きですので国の記録として残ることもありませんし、誰にも知られずに手続を進めるのに最も適した手続です。

任意整理のメリット

司法書士に依頼した後は、各業者からの取立てが止まる。
借金が減額できる。
払い過ぎていたお金を取り戻せる場合がある。
○一部の借金のみを整理することもできる。
○裁判所を通さずに司法書士が業者と直接交渉するため、呼び出しなどの時間的な拘束は少ない。。
○自己破産のように各種の資格制限がない。。
○自己破産や個人再生のように官報に載ることがない。

任意整理のデメリット

 ●ブラックリストに載ってしまうため、数年間は新たな借り入れを受けたりローンを組んだり、クレジットカードを作ることができない。